犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
DHCオンラインショップ 愛犬サプリ

2007年01月14日

去勢手術

皆様 ご心配お掛けしました。
コメント読ませて頂いて心強くなりました。

去勢手術は無事成功しましたわーい(嬉しい顔)

普通はAM11:00に、抗生剤の注射をしてそのまま預かってもらうのだけど、寂しがり屋だと、一人でケージで待ってる間にストレスが溜まってしまうかもという事で一旦病院を後にして、ぎりぎりまで一緒に居る事が出来るようにして下さいました。

そしてPM2:00再び病院へ。

病院に入る前はこの元気!



初詣でお守り買って、手術前日にももう一度お願いに行って来ました。
首輪にしっかり付けて。
kyosei003

午後2時診察時間外なので閉まってます。
「御免くださ〜い 僕です」
kyosei08

手術時間なので誰も居なく シ〜ン。
呼ばれて連れて行ってもらうと、ドアの前振り返りexclamation×2一緒に居ない!と慌てて駆け寄って来ました。いつもと違う雰囲気を感じ取っていたのかな?

ここでも普通は、手術後麻酔が完全に覚めてから夕方の診察時間に迎えに来るみたいだけど、
「手術は1時間位なので麻酔が覚めるのもそんなに時間掛からないから、待ってもらってもいいですよ」って言ってもらったのでそうしました。

手術室に入ったので待合室で待ってると、
「気配を感じてるみたいなんで・・・」と言いに来られちゃった。
キョロキョロしてたのかな?
で、車で待つ事になりました。

2時間位経ってもまだみたい・・・
何かあった?心配してると、
「麻酔が覚めにくいんです。手術はもう終わってますし、もう少し待って下さいね。」
と言いに来て下さって、ホッとしました。
少しして、今度は先生が
「麻酔は覚めてきてるけど、まだボーッとしてる状態だけど、家族と一緒に居る方が安心出来るから、連れて来ますね」
つんを連れて来て下さった。
exclamation×2 びっくりする位 ふらふら〜 立ってられない。

エリザベスカラーを着けて再開して、「つん〜」ってなるイメージだったのに・・・

分離不安症っぽいところあるし、麻酔が覚めてきたら、ふらふらなのにウロウロして探してくれてたのかも。
それで一緒に居る方がいいと判断されたかな?

エリザベスカラーは帰ってから着ける事に
ギョッ 着けれるかなぁ〜。

急いでお家へ車(RV)

エリザベスカラーをなんとか着けて。

ふらふら〜と歩き回る。お水が飲みたいようでいつもの場所にフラフラ。
お水あげれないの〜もうやだ〜(悲しい顔)
麻酔で気管支弱ってるから、誤飲すると危ないから、食事もお水もあげないように言われてるしね。
お水は欲しがるようなら、少しずつ様子を見ながらって言われてたので、ほんの少しだけあげて、休ませました。

めちゃデカッって思ったエリザベスカラー。こんなにデッカイの!?
短いと傷口にあたるんだぁ。

「何が起こったの?」
「僕 ボーッとなるの」
kyosei011

「でも 僕のお家はわかるよぉ〜」
「落ち着くなぁ」
kyosei006

お腹の毛を剃られちゃったので真っ白〜。
最初 何かが貼り付けてあるのかと思っちゃった。
そんなに美白だったのね。

「ハゲみないで 恥ずかしいから」
kyosei019

「頑張れ〜」って応援してくれて、ありがとです。僕 頑張れましたかわいい

僕に1票 ポチッとお願いします 犬


ペットブログランキング にほんブログ村 犬ブログへ

88-31-1.gif banner_03.gif

ありがとうございまちゅ 犬

posted by みるる at 16:37| Comment(16) | TrackBack(0) | 成長日記>6歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つん〜〜がんばったね!
あとは ゆっくり体力の回復を待ってね。もう大丈夫。

それにしても 獣医さんの配慮はみるるさん達にとっても
安心出来るものでしたね!
あんまり緊張しすぎて 先生はかえってみるるさんたちの方を心配していたのかもね?(笑)

カラーについたお守りが つんにも心強かったと思います♪

感動の再会は出来なかったみたいだけど 麻酔掛けたんですから……。 ゆっくり休んで じっくり観察して つんとの絆を再確認するいい時間を過ごしてね〜〜♪♪

さあ  元気になったら 何処行こ〜〜!!!
Posted by かすみ at 2007年01月14日 22:10
みなさんご心配お掛けしました
無事手術も終わりホッと一段落

抜糸までもう少しつんにはおりこうにしてもらわなければ。

術後フラフラしながらこっちを見て出てきたつんをみて泣きそうになったつんパパでした
Posted by つんパパ at 2007年01月14日 22:54
つん君がんばったね〜。えらいえらい!!
うちの2匹もやりましたよ。レオは麻酔が効いていて、いつまでも、ぐったりして傷口が気になるみたいだったけど、キルはすぐに麻酔がさめて、傷口関係なく、暴れまくっていました。
性格の違いがはっきり出てました^^:
心配かもしれないけど、明日には元気になっていますよ!  元気なつんくんになぁ〜〜れ!!^^
Posted by U子 at 2007年01月16日 00:48
つん君、お帰り〜!
よくがんばったね!!!えらいぞ〜☆
みるるさんも安心ですね(~o~)
良かった、良かった(~o~)
Posted by まりんこ at 2007年01月16日 11:33
つんくん、何はともあれ手術成功そして退院おめでとうございます。よく頑張ったね!エリザベスカラーって結構大きいね。驚きました。後はつんくんの体力だからあっと言う間に回復するね!ゆっくり休んでまた面白い記事楽しみにしていますね!よかった!よかった!
Posted by ポッキー&あくびパパ at 2007年01月16日 13:17
Posted by めのと at 2007年01月16日 14:51
遅くなっちゃったけど、つん君お疲れ様〜!
よく頑張ったね、えらいえらい♪
カエルあんよのつん君がとってもラブリーですw
抜糸したらいつもの元気なつん君に戻るかな?
元気なつん君、待ってま〜す(*^_^*)
Posted by shakamama at 2007年01月20日 14:19
初めまして、私もクロラブを飼っています。今4ヶ月のパピーです。わからないことばかりです。
いろいろと教えて下さい。
Posted by パピー at 2007年01月23日 19:18
つん君がんばったね。
みるるさんも旦那様も〜(^^)
Rチンは8ヶ月で去勢したんですけど
帰ってくるまで麻酔から目覚めるだろうかと
不安で泣きそうになってたの思い出しました。
つん君、すっかり元気になってる頃かな♪

Posted by ryo at 2007年01月25日 10:26
かすみさまへ
無事回復してくれてホッとしました。
つんを甘えたにしちゃったから、その方がいいと判断されたのかもです。
でもあんなにフラフラの姿を見ると、一段と愛おしくなってしまいました。
車に乗るといつもの指定席に行って、僕の車〜って感じでウルウルでした。
Posted by みるる at 2007年02月13日 17:07
U子さまへ
レオ君も麻酔が覚めにくかったんですね つんと一緒だぁ。キル君ももう手術済みなんだぁ 大きくなってるんでしょうね。キル君の暴れてるの思い出してしまいました(^_^) また見たいなぁ〜。
二人でガウガウやってるのかなぁ・・・。
Posted by みるる at 2007年02月13日 17:11
まりんこさまへ
無事回復しました〜♪
家に着いて、ホッとした顔を見ると頑張ったねぇーって褒めてあげたくなりました。
これで病気のリスクが減ってくれると安心です。
大人しくなってくれるのか・・・は???
Posted by みるる at 2007年02月13日 17:21
ポッキー&あくびパパさまへ
エリザベスカラー すごい大きいでしょ〜。結構重いんですよねこれが。歩くとガンガンぶつかって、大変だったんです。被害もあって、コタツの上の物をガチャンとやったり・・・
麻酔がなかなか覚めなくって予想外にぐったりでビックリでした。でも回復して元気になりました♪
Posted by みるる at 2007年02月13日 17:32
shakamamaさまへ
無事回復して元気になりました〜。
手術してもカエル足は変わりませ〜ん。大人のカエル足ってあまり見かけないのに・・・
ぷにぷに肉球が見えてかわいいんだけどね。
元気な姿もまた見に来て下さいね〜♪
Posted by みるる at 2007年02月13日 17:38
パピーさまへ
訪問ありがとうございます。
4ヶ月ですかぁ やんちゃでかわいい時期ですよね。人間の方はバタバタじゃないですか〜?
URL教えてもらったらお邪魔したいなぁ。
またつんを見に来て下さいね。
Posted by みるる at 2007年02月13日 17:44
ryoさまへ
R君も頑張ったんですね。
そうなんですよね 手術より麻酔が心配なんですよね。獣医さんも麻酔の事はすごく言ってました。出来るだけ体重を落として、麻酔を減らしたいって。それだけ危険なんですよね。つんもとにかく麻酔から覚めるてくれるかが心配でした。待ってる間もつんパパと何会話したか??頭の中は、つんが目を覚まさなかったらどうしようってそればかりでした。
Posted by みるる at 2007年02月13日 17:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック